1. 私はピルを通販サイトで買っています|海外医薬品通販   >  
  2. ピルの使用率の低さ

ピルの使用率の低さ

日本人女性

日本でピル(経口避妊薬)が承認されたのは1999年ですが、それから月日がたっているにも関わらず、ピルは未だに使用率が低い避妊方法です。2015年の調査によると、コンドームの使用率が82%に対し、ピルの使用率はたったの4.2%でした。妊娠する可能性がかなり高いと言われる膣外射精は、コンドームの次に高い19.5%にも及びます。低用量ピルを飲めば99.9%の確率で妊娠が防げるにも関わらず、ピルはなぜ使用率が低いのでしょうか。

その理由として、病院に行かないと処方してもらえないといったデメリットがあると思います。海外のある国では、医者にかからなくても薬局やドラッグストアでピルが買えるそうなのですが、日本では病院に行って医師の診察を受けないと処方してもらえません。しかもすべての病院がピルを処方しているわけではなく、厚生労働省から指定されている病院でしか扱っていないのです。

ピルは病気やけがを治療する目的で使用するお薬ではないので、ほとんどの場合保険が適用されずに全額自己負担になってしまいます。薬代と合わせて診察代や説明代金などが課され、それでもって10割負担は女性にとって経済的な負担が大きいと言えます。

そのような状態を考えると、避妊具としてのピルの使用率が低いのは納得いきます。でも、そこで簡単に、そして安くピルを手に入れる方法があるのをご存知でしょうか。それが「海外医薬品の通販サイトを利用すること」です。海外医薬品の通販サイトでは、世界中の製薬会社が販売している低用量ピルやアフターピル(高用量ピル)を買うことができるのです。処方箋がなくても海外からの発送なので、合法的な取引が可能です。

病院のように余計なお金を払わずに済みますし、病院に行く時間も確保する必要がないので、かなり利便性が高いといえます。